赤十字の創始者であるアンリ・デュナンの生誕日にちなみ制定された世界赤十字デーの5月8日(月)夜間に、京都府支部では府内の京都府庁旧本館、元離宮二条城東南櫓、舞鶴赤十字病院(5月9日夜間に園部城(南丹市国際交流会館))においてレッドライトアップを実施しました。

IMG_6378 IMG_6374
京都府庁旧本館(重要文化財)

IMG_6366 IMG_6352
元離宮二条城東南櫓(世界遺産)

DSC057262 KIMG1029
舞鶴赤十字病院                   園部城(南丹市国際交流会館)

デュナンの訴えた人道の大切さや思いを発信していくため、全国各地の歴史的建造物等の施設を赤色でライトアップする取組みの一環として実施したものです。
この灯りを見かけた多くの人々と一緒に、人道の大切さを改めて考える機会になったと感じました。

なお、5月14日(日)正午から午後3時まで、京都駅前地下街ポルタのポルタプラザにおいてイベント「広げよう赤十字の輪(和)」を開催します。是非お立ち寄りください。