8月9日(水)に、亀岡市で行われた保津川市民花火大会にて救護活動を実施しました。
京都府支部職員3名のほか、防災ボランティアである「赤十字レスキューチェーン京都」等から計6名のボランティアのご協力のもと、計3ヵ所の拠点にて体調不良者等への対応を行いました。
今年は台風による開催日の変更という思いがけない事態がありましたが、幸いなことに大きな事故等もなく、無事活動を終えることができました。
ボランティアの皆様、お疲れ様でした。

日本赤十字社では、事故や災害から尊い人命を守るため、活動を続けてまいります。
皆様の温かいご支援をよろしくお願いします。

 

IMG_7711  IMG_7714

IMG_7734