8月23日(火)に、「第45回お子さんの心肺蘇生法講習会」を京(みやこ)あんしんこども館で開催しました。

京都第二赤十字病院 長村小児科部長による「子どもの事故防止と応急手当の必要性」の講演、心肺蘇生法の実技の説明を受けたあと、赤十字幼児安全法指導員や京都第二赤十字病院の救急看護認定看護師・小児救急看護認定看護師が各グループに1名ずつ指導者として入り、心肺蘇生法の実技を講習しました。
今回の講習会には34名の方が参加いただき、ご夫婦での参加も6組もいらっしゃり、「わが子を事故から守る。」という気持ちから講演に聞き入られ、実技にも熱心に取り組まれていました。

(この講習会は、京(みやこ)あんしんこども館(http://www.anshinkodomokan.jp/)で年間4回開催しています。)

P1020376 P1020390

P1020396