令和元年7月18日に京都府京都市伏見区で発生した放火事件により、多数の方々が生命または身体に危害を受け、甚大な被害が生じました。
この事件の被害者やご遺族を支援するため、下記のとおり義援金を受け付けております。

お寄せいただいた義援金は、全額を京都府に設置された義援金配分委員会にお届けいたします。皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。

(京都府京都市伏見区で発生した放火事件に係る被害者義援金募集要綱)PDF

受付期間 令和元年9月9日(月)から令和元年10月31日(木)まで
協力方法 下記の方法によりご協力ください。

| ◆ご協力にあたっての留意点

※下記1、2に収納された義援金は京都府に設置された義援金配分委員会へ届けられます。
※受領証の分割発行はいたしかねますのでご了承ください。
※受領証発行にはお時間を要する場合がございます。ご了承ください。
※金融機関で振り込んだ際の振込票等の控えは、受領証の代わりとなります。
 これらは、「免税証明書」として寄附金控除申請の際にご利用いただけます。
※義援金の受付期間が限定されていることから、クレジットカードでのご協力はお手続きから日赤への入金に
 時間がかるため、受付をしておりません。
 迅速に義援金をお届けする必要があるため、ご理解とご協力をお願いいたします。

| 1.ゆうちょ銀行・郵便局

口座記号番号  00980-1-323280
口座加入者名  日赤7.18放火事件被害者義援金(ニッセキ7.18ホウカジケンヒガイシャギエンキン)
※ゆうちょ銀行の振込用紙の半券が、受領証の代わりとして、税制上の措置が受けられます。(詳しくはこちら)
※窓口でのお振り込みの場合は、振込手数料は免除されます。
(ATMによる通常払込みおよびゆうちょダイレクトをご利用の場合は、所定の振込手数料がかかります)

| 2.銀行振込

京都銀行  本店営業部 普通 5253785
口座名義 「日本赤十字社京都府支部 支部長 山田啓二(ニホンセキジュウジシャキョウトフシブ シブチョウ ヤマダケイジ)」

※お振込先のお間違いが多くなっておりますので、お振込前に必ず銀行名や口座番号等をご確認の上、
 お振込ください。
※銀行振込の際の利用明細票が、受領証の代わりとして、税制上の措置が受けられます。(詳しくはこちら)
※ご利用の金融機関によっては、振込手数料が別途かかる場合があります。

受領証をご希望の場合は、「受領証希望」と記載された用紙に、下記①~⑧をご記入いただきFAXにて、
日本赤十字社京都府支部 組織振興課宛てご連絡をお願いいたします(書式は問いません。)。
なお、受領証発行にはお時間を要する場合がございます。ご了承ください。

①義援金名 ②氏名(受領証の宛名) ③住所 ④ 電話番号 ⑤寄付日
⑥寄付額 ⑦振込人名 ⑧振込先金融機関名・支店名

担当窓口
日本赤十字社 京都府支部 組織振興課
TEL: 075-541-9326 FAX: 075-541-1361
E-mail: share1@kyoto.jrc.or.jp
| 受領証について

金融機関の振込時の利用明細票やゆうちょ銀行の振込用紙の半券は、受領証の代わりとなり、「免税証明書」として寄附金控除申請の際にご利用いただけます。この場合における確定申告手続きの際は、義援金専用口座への振込みであることが確認できる書類(下記に掲載の義援金募集要綱など)の添付などが必要になります。
<受領証の代用となるもの>
【銀行から】   (窓口・ATM)ご利用明細票
         (インターネットバンキング)確認画面を印刷したもの
【郵便局から】    振込用紙の半券
ただし、受領証として代用できる利用明細書は、その明細書に ①寄付者、②寄付した日、③寄付金額、
④寄付先の口座番号(義援金専用口座番号)が明らかにされているものに限られます。

(京都府京都市伏見区で発生した放火事件に係る被害者義援金募集要綱)PDF

| 個人情報について

日本赤十字社は、会費、寄付金(「海外たすけあい」を含む)、海外救援金、国内災害義援金へのご協力に際して取得する個人情報について、厳重に管理・保護を行うとともに、日本赤十字社(本社及び都道府県支部)が行う以下のような広報活動や事業資金等の募集活動の目的のためにのみ使用します。
• 会員や寄付者の皆さまのご協力実績を記録するため
• 受領証やお礼状、収支決算、活動報告等の情報をお届けするため
• 会費、寄付金(「海外たすけあい」を含む)、海外救援金及び国内災害義援金に関するご案内及びご協力の
 お願いをお届けするため
• その他、皆さまへ重要なご連絡をする必要が生じた場合のため

「個人情報の取り扱いについて」(詳しくはこちら)