7月20日(土)に開催された「京都第一赤十字病院フェスティバル(医療体験キッズセミナー)」に参加しました。
このイベントは、地域の子どもたちと保護者の方を対象に医療を疑似体験する場を設けることにより、医療への関心を深めてもらうとともに、地域貢献を図ることを目的として、平成27年度から実施しているもので、今年度で5回目となります。
当日は、小学5・6年生81人が内視鏡、腹腔鏡、人工心肺装置などの医療機器を使って医師等の仕事について学びました。
京都府支部が設置したブースでは、オリジナル缶バッジの作成、子ども救護服の着用体験、救援物資や活動紹介のパネル展示を実施し、多くの子どもたちで賑わいました。

L1000798

L1000804 DSC_9639

8 L1000769

DSC_9641 L1000724

DSC_9642 L1000763