12月5日に京都市北文化会館で北区「人権のつどい」(主催:北区地域啓発推進協議会、北区役所)が開かれ、京都第二赤十字病院 乾啓子 看護副部長が「新型コロナウイルス3つの顔を知ろう~負のスパイラルを断ち切るために~」をテーマに講演を行い、コロナ渦における医療の現状や、看護師が抱える葛藤を伝えました。
講演のなかで、多くの応援メッセージなどが病院に寄せられる一方で、「子供がコロナでいじめられた」「家族が出勤停止にされた」など医療従事者に対する偏見や差別があることにも触れ、患者さんも医療従事者も病気を治そうと頑張っています。『新型コロナウイルスに対する「不安」「恐怖」は誰もが持つ感情です。本来、たたかうべきはウイルスであって人ではありません。どうか、心を寄せ合い、励まし合い、偏見や差別を温かいエールに変えましょう!』と呼びかけました。
参加者からは「将来の夢は看護師です。勉強になりました」「正しく知ることが力になる。その通りだと思いました。」といった感想が寄せられました。

IMG_7743
講演の後には京都府青少年赤十字賛助奉仕団の北村優氏、伊藤辰之輔君、ハートラちゃんが登場し、啓発ソングを披露しました。

IMG_7775