12月5日、京都生活協同組合丹後支部において、京都生活協同組合丹後エリア会の皆様が国際人道法や赤十字について学ばれました。同会が行われている募金活動の寄付先を考えておられるなかで、「災害や紛争などの映像でよく見かける赤十字って何だろう?」という声があったことから、日赤職員が出向き、約一時間にわたり国際人道法や赤十字についてお伝えしました。特に災害や紛争で犠牲となる女性や子供たちに心を痛めておられたようで、これを機会に出来ることから力を合わせて取り組んでいきましょうと約束しました。

生協丹後エリア