平成31年2月24日(日)、宇治市で「第35回宇治川マラソン大会」が行われました。
約2,300人のランナーが参加し、住民や観光客の皆さんから温かい声援が送られる中、アップダウンの激しいコースに挑みました。

京都府支部では、赤十字レスキューチェーン京都等のボランティアと協力し、コース上8カ所にAEDを持ったスタッフを配置するとともに、バイクによるモバイルAED2班と京都第一赤十字病院、京都第二赤十字病院の救急車を出動させ、万が一の事態に備えました。
幸いにも大事に至るような事案はなく、無事活動を終了することができました。

日本赤十字社は、今後とも赤十字のネットワークを最大限に活用し、災害や事故から尊い人命を守るため、活動を続けてまいります。
皆様の温かいご支援をよろしくお願いします。

 

1551070347113 DSC_0145

DSC_0151