11月25日(土)、京あんしんこども館及び梅屋広場公園にて「日本赤十字社京都府支部 災害救護ロジスティクス合同研修」を開催しました。
京都府支部管内の3病院、血液センターの職員のほか、京都府支部の特殊奉仕団である「レスキューチェーン京都」の団員等が参加し、ドラッシュテントと呼ばれる大型テントの設営方法や車両操作等の研修を行いました。

日本赤十字社では、事故や災害から尊い人命を守るため、活動を続けてまいります。
皆様の温かいご支援をよろしくお願いします。

 

IMG_9610 IMG_9629

IMG_9786 IMG_9907