11月8日に当支部で開催された日赤京都府支部地区・分区事務担当者会議で、各市区町の日赤地区担当者の皆さんが「赤十字概論及び諸原則~あなたが赤十字運動の主役です~」を受講されました。
講師は京都初の赤十字奉仕団支部指導講師となった宮本佳蓮さんです。彼女は小学校4年生の時から青少年赤十字リーダーシップ・トレーニング・センターに参加され、現在も大学に通う傍ら、青年赤十字奉仕団(RCY)メンバーとしてボランティア活動に取組んでおられます。この日は、赤十字の創始者アンリー・デュナンのことなどを学び、グループワークでは、非常時に限られた食べ物などをどのように分けるかを話し合い、「いかなる差別もせず、最も助けが必要な人を優先します」という、赤十字の諸原則のひとつ「公平」について学ばれました。

担当者会議2019-1 (2)

担当者会議2019-1 (1)