11月9日に当支部で開催された日赤京都府支部地区・分区担当者会議で、各市区町の日赤地区担当者の皆さんが青少年赤十字防災教育プログラムを体験されました。
同プログラムは、子供たちが自分自身の命を災害などから「守る」ことに焦点をあててつくったもので、これまでの救急法や炊き出しなどの自分が助かったことを前提としたものでなく、人を助けるには、まず自分が生きのびなければならないことを学ぶものです。この日は避難する際に、持っていくモノをグループで話し合う「災害時シミュレーション」を、グループで協力し合いながら学習されました。

担当者会議H29.11(2)

担当者会議H29.11