日本赤十字社は、「苦しんでいる人を救いたい。」という、いつの時代も変わることのない想いを胸に、1888年、磐梯山噴火で初めて災害救護を行ってから約130年の長きにわたり、救護活動を続けています。そして、赤十字にゆかりのある日が多い5月を毎年「赤十字運動月間」として、赤十字活動へのご理解とご協力を呼びかけています。

京都府支部では、「ひろげよう赤十字の輪(和)」と銘打ち、赤十字運動月間の取組を実施しますのでお知らせします。

詳細については、プレスリリースをご覧ください。皆様のご参加をお待ちしております。

H31 185(広報関係)平成31年度赤十字運動月間ポスターs