12月22日に、京都市から省エネなどに取り組み、温室効果ガス排出量削減で優れた実績のあった優良事業者事業者として、日本赤十字社(京都府支部、京都第一赤十字病院、京都第二赤十字病院、京都府赤十字血液センター)が表彰されました。
今回、平成26年度から3年間において、自主的な排出量の削減の取り組みを進めている京都市内の大規模事業者141社の中から、特に優れた取り組みを行っている特別優良事業者7社、優良事業者29事業者が審査を経て選定され、門川大作京都市長から表彰状を授与されました。
日本赤十字社京都府支部では、今後とも日赤各事業所と連携して温室効果ガス排出量の削減に努め、持続可能な社会の実現に向け取り組んでまいります。

aa546532 aa231324651