令和2年11月19(木)に京田辺市大住民生児童委員の皆様を対象にした赤十字防災セミナーを開催し、災害発生時に「いのちを守る」備えについて、そして、災害発生後の「暮らしをつなぐ」について、どのような備えが必要なのかを考えていただきました。

受講生の皆様からは、「今一度、災害への備えとして、避難経路や非常持ち出し品の確認をしなければならない。」などといった意見がありました。

日本赤十字社では、地域コミュニティの方々などを対象にした防災教育事業に取り組んでいます。今後も赤十字のネットワークを最大限に活用し、災害や事故から尊い人命を守るため、赤十字活動を続けてまいります。皆様の温かいご支援よろしくお願いします。

 

1 2 3 4