日赤京都府支部では、災害時に活用できる炊き出し用可動式大釜を322日に日赤南区地区(南区役所)へ配備しました。

この日に行われた贈呈式には、南区赤十字奉仕団委員長の石原 國男さんと原 真弓 副区長はじめ、同奉仕団婦人部の中本 展子さん、鎰谷 洋子さん、林本 文江さんもお越しくださいました。

中本さんは「大釜を使った炊き出しの経験は無いが、これから皆で練習して災害時などで炊き出しができるよう、地域のイベントなどでも活用していきたい」と話されました。

この大釜は、平成28年度より3ケ年計画で京都府内すべての日赤各地区(市区町村)に配付しているもので、災害時に対応できるよう廃材なども薪として使用できます。

IMG_6274