赤十字奉仕団京都府支部委員会が9月6日に日赤京都府支部で行われ、赤十字活動資金の募集強化などについて積極的な議論が交わされました。また、「献血が支えてくれた命 365日血液が必要なのはどうして」と題し、看護師で輸血体験者でもある高橋真依さんにご講演いただき、献血運動の尊さと重要性について改めて認識される機会となりました。奉仕団支部委員会H29.9