11月5(木)に当支部にて、赤十字京都ユースを対象に、過去の災害を追体験し災害の全体像を理解する“災害エスノグラフィー”を実施しました。

参加者からは、「今回の勉強をいかし、防災・減災のために自分ができることを考えていきたい」といった感想が寄せられました。

日本赤十字社は、地域コミュニティの方々などを対象にした防災教育事業に取り組んでいます。今後も赤十字のネットワークを最大限に活用し、災害や事故から尊い人命を守るため、赤十字活動を続けてまいります。皆様の温かいご支援よろしくお願いします。

 

い ろ

は に