12月20日に、JRC加盟校の京都府立鳥羽高等学校の2年生(4人)と指導者(2人)が、京都府支部を訪問されました。皆さんは「高校生ができる国際支援」を研究されており、日本赤十字社の国際救援活動や中東地域の現状などについて、熱心にメモをとりながら話を聞いておられました。高校生からは「支援先のニーズなども考え、これからも高校生ができる国際支援を研究していきたい」と話がありました。

鳥羽高校