青少年赤十字加盟校の京都府立鳥羽高等学校JRC(青少年赤十字)部の皆さん(18名)が、新型コロナウイルス感染症の対応をしている医療従事者を支援したい、励ましたいという思いから、7月21日、22日の2日間、校門で教職員や生徒の皆さんに赤十字活動資金を呼びかけ、その募金(4,966円)を支部にご寄付いただきました。

鳥羽高校では、全校生徒を対象に青少年赤十字向け教材「新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!~負のスパイラルを断ち切るために~」(※)を使って人権学習にも取り組んでおられます。

日本赤十字社は、赤十字病院を中心に新型コロナウイルス感染症の治療および感染拡大防止のための活動に取り組んでまいります。

「新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!~負のスパイラルを断ち切るために~」

7月21日 3年生のJRC部員

7月21日 3年生のJRC部員

7月22日 1年生、2年生のJRC部員

7月22日 1年生、2年生のJRC部員

③日赤送付