京都府支部青少年赤十字(JRC)事業の紹介

  • HOME »
  • 京都府支部青少年赤十字(JRC)事業の紹介

青少年赤十字事業(Junior Red Cross)とは

| 青少年赤十字の目的

青少年赤十字は、児童・生徒が赤十字の精神に基づき、世界の平和と人類の福祉に貢献できるよう、日常生活の中での実践活動を通じて、いのちと健康を大切に、地域社会や世界のために奉仕し、世界の人びととの友好親善の精神を育成することを目的としています。さまざまな自主的な活動を学校教育の中で展開しています。

| 実践目標・態度目標

青少年赤十字では、目的を達成するために、「健康・安全」「奉仕」「国際理解・親善」の3つの実践目標を掲げています。また、「気づき」「考え」「実行する」という態度目標も掲げ、主体性を育むために大切にしています。

実践目標について詳しく(本社HPへ)

| 青少年赤十字事業の紹介
 防災教育

態度目標「気づき、考え、実行する」を用いた青少年赤十字の防災教育。
学校では、”いのちの授業”が始まっています。

jrc-1  詳細はこちら

これまで、青少年赤十字が取り組んできた防災は、発災後の自分が助かったことを前提とした救急法などが中心で、「人を助けるためには、まずは自分が生きなければならない」という視点がありませんでした。そこで、東日本大震災を教訓に、自然災害に向き合ってきた日本赤十字社と現場の教員が、授業ですぐに使える防災教材を気象庁等の監修のもと作製しました。
防災の授業では、未来を担う子どもたちに、自然災害の正しい知識を身につけさせ、自分の命を守る力をつけるようにしています。そして、この授業が地域、家庭での防災意識を高め、周りの命を救うことにつながっていくことを目指しています。

jrc-12
リーダーシップ・トレーニングセンター

初めて出会う仲間との集団生活や体験を通して、自主性やリーダーシップのとり方を学んでいます。

jrc-2

 

 

 

 

詳細はこちら

 

リーダーシップ・トレーニングセンター(以下、トレセン)は、小学生、中学生、高校生が青少年赤十字について学習しながら、集団での生活や体験を通じて学校や社会のリーダーとなれるよう自主性やリーダーシップを身につける宿泊型研修です。夏休み期間に実施しています。

トレセンの主なプログラム

トレセンでは、赤十字や青少年赤十字の歴史の学習、防災教育プログラム、国際救援、献血、フィールドワークなど、さまざまなプログラムを行っています。

国際救援について

国際救援について

夜のつどい

夜のつどい

献血について

献血について

みんなで食事

みんなで食事

京都府青少年赤十字高校生メンバー協議会

年間6~7回、府内の高校生メンバーが集まり、実践目標「健康・安全」「奉仕」「国際理解・親善」に沿ったテーマで研修等を行っています。

献血について

献血について

防災教育プログラム

防災教育プログラム

国際交流事業  ~マレーシア赤新月社メンバー受入~

国際交流事業 
~マレーシア赤新月社メンバー受入~

気象庁ワークショップ ~経験したことのない大雨 その時どうする?~

気象庁ワークショップ
~経験したことのない大雨     その時どうする?~

NHK海外たすけあい街頭募金

NHK海外たすけあい街頭募金

 

| 青少年赤十字に加盟するには

青少年赤十字には、学校や園全体・学年・クラス・生徒会・クラブ・委員会などの単位で加盟することができます。
加盟するには、様式(登録申込票)を印刷のうえ、必要事項をご記入いただき、写しを学校控えとして保管し、原本を日本赤十字社京都府支部あてにご提出ください。受領後、青少年赤十字関連書籍や資料などを送付いたします。
登録費用は一切かかりません。
ご不明な点がございましたら、下記までご連絡ください。

【問い合わせ先・送付先】

〒605-0941 京都市東山区三十三間堂廻り町644

日本赤十字社京都府支部 組織振興課

TEL 075-541-9326  FAX 075-541-1361

| 青少年赤十字に加盟いただくと

  • 赤十字が発行している情報紙を送付いたします。
  • 赤十字の資機材を使用いただけます。
  • 青少年赤十字指導者協議会が主催する各種行事をご案内いたします。
  • 赤十字のネットワークを生かした活動ができます。
  • 活動を強要されたり義務を課せられることはありません。

 

京都府支部公式Facebook

*

*

*

*

*

*

*

PAGETOP
Copyright © 日本赤十字社京都府支部 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.