講習会の内容

講習会の内容について

人命を救う方法や健康で安全に暮らすための知識と技術を伝えるため、日本赤十字社は5つの講習を行っています(京都府支部では「雪上安全法」は行っていません)。また、災害発生時などのいざという時に備えて、いのちを守る行動がとれるように防災知識の普及や啓発に取り組んでいます。

| 救急法

seminar-1日常生活における事故防止や手当ての基本、人工呼吸や心臓マッサージの方法、AED(自動体外式除細動器)を用いた除細動、止血の仕方、包帯の使い方、骨折などの場合の固定、搬送、災害時の心得などについての知識と技術を習得できます。

詳細についてはこちらをご覧ください。

| 水上安全法

seminar-2水と親しみ、水の事故から人命を守るため、泳ぎの基本と自己保全、事故防止、溺れた人の救助、応急手当の方法などの知識と技術を習得できます。

詳細についてはこちらをご覧ください。

 

| 健康生活支援講習

seminar-3誰もが迎える高齢期を、健やかに生きるために必要な健康増進の知識や高齢者の支援・自立に向け役立つ介護技術を習得できます。

詳細についてはこちらをご覧ください。

| 幼児安全法

seminar-4子どもを大切に育てるために、乳・幼児期に起こりやすい事故の予防とその手当、かかりやすい病気と発熱・けいれんなどの症状に対する手当などの知識と技術を習得できます。

詳細についてはこちらをご覧ください。

| 赤十字地域防災セミナー

seminar-8日本赤十字社では、平成17年より「災害時高齢者生活支援講習」を実施しています。京都府支部では、この講習に防災を組み合わせた「赤十字地域防災セミナー」を独自事業として実施しています。

詳細についてはこちらをご覧ください。

PAGETOP
Copyright © 日本赤十字社京都府支部 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.