青年赤十字奉仕団

青年赤十字奉仕団とは

おおむね18~30歳までの学生や若者で組織された赤十字奉仕団であり、若者の感性を生かした活動を積極的に行っています。

| 奉仕団構成

京都府支部管内には府内の大学生や若者によって構成される「赤十字京都ユース」のほか、京都第一赤十字看護専門学校、第二赤十字看護専門学校の看護学生により組織される看護学生奉仕団があり、赤十字の精神に基づき、様々な活動を行っています。

| 主な活動内容

主な活動としてはHIV/AIDS予防啓発活動(ピア・エデュケーションによる)、防災・減災啓発活動、東日本大震災被災地の復興支援活動、障がい者スポーツ大会運営補助などがあります。また、毎月一回、例会を開催し、活動の計画などについて議論を行っています。

HIV/AIDS予防啓発活動ではピア・エデュケーションという手法を用いて、年齢や価値観が近い人から同じ立場の人たちに知識や情報を伝えています。

HIV/AIDS予防啓発活動ではピア・エデュケーションという手法を用いて、年齢や価値観が近い人から同じ立場の人たちに知識や情報を伝えています。

障がい者スポーツ大会の運営を補助するため、研修会を開催し、車いすを使用される方の介助する技術を学びます。

障がい者スポーツ大会の運営を補助するため、研修会を開催し、車いすを使用される方の介助する技術を学びます。

東日本大震災で被災された方に向けたメッセージを記入し、避難所などへの展示を行いました。

東日本大震災で被災された方に向けたメッセージを記入し、避難所などへの展示を行いました。

支部が開催している各種研修会に参加し、赤十字についての知識を深めます。

支部が開催している各種研修会に参加し、赤十字についての知識を深めます。

| 奉仕団の最新情報

赤十字京都ユースBlog      http://yaplog.jp/rcykyoto/

 

PAGETOP
Copyright © 日本赤十字社京都府支部 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.